**マダラナメルマガ第二号(2016/3/1)**

御機嫌よう、諸君。
マーブル主謀者の翔馬だ。
マーブル公式メールマガジン「マダラナメルマガ」第二号をお届けするよ。

今回の記事は、

・何故「日本転覆」であるのか
・演奏陣紹介
・公演日程
・編集後記

以上でお送りする。


・何故「日本転覆」であるのか

マーブルが掲げている「音楽による日本転覆」。
メルマガ登録をしてくれている諸君は、もう重々承知してくれているかもしれないが。。
これは、字面そのままの意味では無いのだ。

現代日本は、様々な理不尽に溢れている。
その根本に有るのは、人と人が関わるにあたって産まれる摩擦と考える。
他人と解り合う事は困難で、傷付け合ってしまう事の方が多いのだろう。

心は消耗品で、酷く脆いもの。
心が現実に傷付き、膝を付く事無く進む為に、どんな言葉が必要なのか。
どんな想いが必要なのか。
それを模索しながらマーブルは進んでいる。

「人間の醜さにも、清らかさにも目を背けずに生きてゆく」

この思想に共感してくれる同志を集め、やがて大きなうねりとなって日本を揺るがせる。
これが、主謀者の見据える「日本転覆」だ。

小難しい言葉を並べても、まだまだ説得力が足りないと感じる。
此処から先の活動で、否が応でも思い知らせてみせるよ。

次回からは、マーブルの「楽曲」について書かせて貰う。


・演奏陣紹介

2/18より新編成となり、改めて駆け出したマーブル。
簡単にだが、演奏陣を一人一人紹介させて貰う。

ギター:純一

付き合いはもう6年以上、共に演奏する様になってからは3-4年程だろうか。
ギターは勿論、マーブルのデザインも一手に引き受けてくれている。
マーブル、と言うか俺自身、彼在ってこそ保てていると言っても過言では無いだろう。

ギター:Ruri

もう丸一年は一緒にステージに立てているのだとしみじみ。
繊細な音作りが、マーブルの楽曲に奥行きを与えてくれているのを感じる。
寡黙だが、秘めているものは熱く、心地良い。

ベース:Toshiaki

2年前、彼がLovetique chocolateと言うバンドに参加していた頃に知り合い、それからちょくちょくと逢瀬(?)を重ね、昨年4月にはセッションバンドで初演奏。
今はGhost Criesに参加しつつ、マーブルにも力を注いでくれている。
自分とはベクトルが違う行動力には舌を巻く。

ドラム:りょう

付き合いはこの中では一番短く、昨年末に出逢った。
年齢は若干若めながら、堅実なプレイと持ち前の素直さで、するりと輪に入って来てくれている。
これから、活きの良い音で盛り立てて行って欲しい。

彼等在って、今のマーブルの音は成り立っている。
その上でこそ歌える歌を、放てる言葉を、諸君に届けたい。
どうか受け取っておくれ。


・公演日程

2016年3月13日(日曜)浦和Narciss
2016年3月19日(土曜)新大久保Lake Hall(アンプラグド)
2016年3月23日(水曜)神楽坂TRASH-UP!!(アンプラグド)
2016年3月30日(水曜)恵比寿club aim(スリーマン)※予約特典音源「囚人(ピアノバージョン)」進呈
2016年4月6日(水曜)新宿RUIDO K4
2016年4月22日(金曜)大塚Hearts+ マーブル主謀企画
2016年4月24日(日曜)川崎Serbian Night

http://xxmarblexx.net/live.htmlかinfo@xxmarblexx.netにてチケット予約受付中

3月はバンド公演・アンプラグド公演が二本づつとなっている。
正直、この位は毎月やってゆきたい。
全て見届けて貰いたいのは勿論だが、都合と想いが重なる事が有れば、駆け付けてくれると心強い。

3/30のスリーマン公演は、先輩方に負けていられぬので、予約特典を用意させて貰った。
未だ音源化されていない「囚人」を、ピアノと歌の少数編成で録音したものを進呈する。
年度末は何かと慌ただしく、都合も付け難いかもしれない。
それを掻い潜って駆け付けてくれようとする気持ちに、公演自体と、特典音源で存分に応えたいと思っている。

此処から先も、どうか共に。


・編集後記

「マダラナメルマガ第二号」、楽しんで貰えたろうか。
音楽以外にも自らの内面を吐露出来る場を得られて、充実している。
定期配信をする為にも、続々とコンテンツを充実させてゆきたい。
次回は3月半ば頃の配信予定なので、期待していておくれ。
それでは、また。

マーブル主謀者 翔馬


[ BACK ]